ここから本文です

「OpenSSL」に14件の脆弱性、修正を施した最新版v1.1.0a/v1.0.2i/v1.0.1uが公開

Impress Watch 9月23日(金)17時38分配信

 SSL/TLSプロトコルを実装したオープンソースライブラリ「OpenSSL」の最新版v1.1.0a、v1.0.2i、およびv1.0.1uが、22日に公開された。本バージョンは、脆弱性を修正したセキュリティアップデートとなっている。

 「OpenSSL」プロジェクトが公開したセキュリティアドバイザリによると、今回修正された脆弱性は全部で14件。深刻度の内訳は、同プロジェクトの基準で4段階中2番目の“High”が1件、3番目の“Moderate”が1件、残り12件は最低の“Low”となっている。この中には先月明らかにされた64bit長のブロック暗号に対する誕生日攻撃(Sweet32)への緩和策も含まれている。

 なお、「OpenSSL」のv1.0.1系統のサポートは2016年12月31日でサポートが打ち切られるので注意。それ以降はセキュリティアップデートが提供されなくなる。

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:9月23日(金)17時38分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]