ここから本文です

国政選挙なく支出2割減=宣伝費1.5倍、繰り越し分か―15年政党交付金

時事通信 9月23日(金)17時8分配信

 総務省は23日、2015年分の政党交付金使途等報告書を公表した。

 交付金を受け取らない共産党を除く10党の支出総額は、前年比19.8%減の約260億円だった。選挙関係費が同62.3%減の約33億円となったことが主因で、15年は国政選挙がなく、各党とも16年7月の参院選に備えて支出を絞り込んだようだ。

 ただ、宣伝事業費は約49億円で前年比49.7%の大幅増。14年12月の衆院選にかかったテレビCMなどの費用について、各党が一部の支払いを15年に繰り越したためとみられる。 

最終更新:9月23日(金)17時15分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。