ここから本文です

上海問屋、メンブレン+パンタグラフ構造のゲーミングキーボード

Impress Watch 9月23日(金)18時11分配信

 ドスパラの上海問屋は、メンブレンとパンタグラフ構造を組み合わせたキーを採用したゲーミングキーボード「DN-914243」を発売した。価格は3,999円。

 静音性の高いメンブレンキースイッチを採用しながら、パンタグラフ構造を採用したキーにより、キーのどこを押しても同じ圧力が伝わるようになっている。ストロークは3.8mm±0.3mmと比較的浅く、スピーディーなタイピングが可能としている。

 本体はUSB接続だが、PS/2変換アダプタも付属しており、PS/2接続時に「Mode」キーを押すことにより、13回/秒、50回/秒、120回/秒の3段階に連射速度を設定できる。また、Windowsおよびアプリケーションキーの無効化も可能となっている。

 全キーにLEDバックライトを搭載し、Print Screenキーの長押しによりオン/オフも可能。底面にケーブルを這わすための溝も設けられている。配列は104英語、押下圧は55±15g。13キー(USB接続時)または24キー(PS/2接続時)対応のアンチゴースト機能も備える。

 ケーブル長は1.8m。本体サイズは約445×140×35mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約720g。

 このほか、鏡面筐体のゲーミングマウス「DN-914251」も同時発売した。価格は2,999円。

PC Watch,劉 尭

最終更新:9月23日(金)18時11分

Impress Watch