ここから本文です

テスラは泣かない。新作CDトレイラー映像にベース吉牟田の現在の姿

音楽ナタリー 9月23日(金)20時0分配信

テスラは泣かない。が9月28日よりライブ会場限定で販売する新作CD「MARCH OUR CELL E.P」のトレイラー映像がYouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ラジオver.」と題したこの映像は、村上学(Vo, G)がラジオ番組のように「MARCH OUR CELL E.P」への思いを語るという趣旨のもので、収録曲のダイジェスト音源も聴くことができる。映像の最後には、活動を休止している吉牟田直和(B)の現在の様子がわずかに映し出される。なお「MARCH OUR CELL E.P」を購入すると、特典として吉牟田の宛先が印刷された「100%返信がある吉牟田宛ハガキ」が手に入る。このハガキにバンドや吉牟田へのメッセージ、CDの感想などを自由につづって送ると、後日必ず本人から返信が送られてくるとのこと。

またCDの3曲目に収録されている「march our cell」にゲストベースとしてa flood of circleのHISAYO(B)が参加していることも明らかに。テスラは泣かない。のオフィシャルサイトには、村上によるCDのセルフライナーノーツが公開されている。

村上学(Vo, G) コメント
いよいよ会場限定E.P「MARCH OUR CELL E.P」のリリースが近づいてきました。
今回特典に「100%返信が返ってくる吉牟田宛ハガキ」を封入しました。
直筆で返事を書くので、たくさん届けば届くほど、彼は嬉しい悲鳴をあげてくれるでしょう。
この一年間も彼はメンバーの一員である事に変わりなく、
手紙を交わして普段はできない交流ができれば嬉しいです。
たくさんのお便りお待ちしております。
(彼もそう言っています、多分。)

テスラは泣かない。「MARCH OUR CELL E.P」収録曲
01. Everything is alright
02. ミスターサンライズ
03. march our cell
04. Like a swallow

最終更新:9月23日(金)20時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。