ここから本文です

“雨女”紀香、挙式後の晴れ空に笑顔 愛之助「感謝しています」

スポニチアネックス 9月23日(金)13時7分配信

 今年3月に結婚した歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と女優・藤原紀香(45)が23日、京都・上賀茂神社で挙式した。

 紀香は手描友禅作家・秋山章氏が手掛けた白無垢に角隠しという出で立ちで、隣の愛之助から傘を差し掛けられ鳥居の前で一礼。境内を参拝していた約600人からは「キレ~イ」などと歓声が上がり、園児の列から「おめでとう~」と声を掛けられると「ありがとうございます」などと会釈した。この日の白無垢は秋山氏が紀香と何度も会い、2人の名前にもある「愛」と「香」などをイメージし作られたという。

 本殿で行われた約1時間の式を終え、再び境内に姿を見せた2人は報道陣から挙式の感想を求められ愛之助は「感謝しています」と笑顔。“雨女”で知られる紀香は、挙式前に曇っていた空が晴れ上がったことを問われると両手を天に向け「ホントに…」と無邪気な笑顔を浮かべた。

 上賀茂神社は京都で最も古い神社と言われ、ユネスコ世界文化遺産に認定された由緒正しき神社で、縁結びの神様としても有名で紫式部も参拝したと言われる。式には愛之助の父である片岡秀太郎(75)ら親族約20人が参列した。2人は今月28日、東京都内で披露宴を行う。

最終更新:9月23日(金)21時10分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。