ここから本文です

木崎2場所連続の各段優勝「ホッとしたという感じ」

日刊スポーツ 9月23日(金)15時42分配信

<大相撲秋場所>◇13日目◇23日◇両国国技館

 西三段目39枚目の木崎(きざき、23=木瀬、本名・木崎信志、沖縄県うるま市生まれ)が、6戦全勝同士の対戦となった霧馬山(20=陸奥)との一番を押し出しで制し、三段目優勝を決めた。

【写真】日大相撲部の主将木崎ら16人が一番出世

 先場所の序二段に続き、2場所連続の各段優勝となった。相手を懐に飛び込ませない相撲内容に「モンゴル勢はまわしを取ったら強いし投げもある。取られないようにした」と作戦勝ちを強調した。鳥取城北高-日大と強豪校を歩み、序二段の優勝もあり「周りからは、勝って当たり前と思われている。プレッシャーのかかる長い場所だった」と話し「ホッとしたという感じです」と、ひと息ついた。

 来場所の新十両を確実にした小柳(23=時津風、東農大卒)とは同学年。デビューの番付が違う(木崎は序ノ口、小柳は三段目)とはいえ、関取の座を先に奪われる形となったが「うれしいですよ。『今年の学生出身力士も強い』と証明してくれた。その小柳と一緒にやっていたので」とプラスにとらえた。もちろん負けるわけにはいかない。「来年のうちには上がりたい」と新十両の座を見据えた。

最終更新:9月24日(土)1時1分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]