ここから本文です

新ソニー銀座ショールーム/ストアが明日24日にオープン

Impress Watch 9月23日(金)18時29分配信

銀座ソニービルは建替のため現住所での営業を一旦終了し、明日9月24日より、移転先のGINZA PLACEビル(東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 4-6階)で「ソニーショールーム/ソニーストア銀座」の営業を開始する。前日の9月23日に内覧会が開かれたので、一足先に中を覗いてきた。

【この記事に関する別の画像を見る】

銀座ソニービルが東京・銀座の数寄屋橋交差点に開業したのは、いまから50年前の1966年4月29日。ソニー製品を気軽に触れる場所としてオープンした。

その銀座ソニービルは2017年3月31日をもって取り壊され、跡地はイベントスペースとして「銀座ソニーパーク」となる。その後2020年秋以降に新ソニービルの建設が開始。2022年に新ソニービルでの営業が開始される予定。

それまでの間の営業施設が、今回訪れたGINZA PLACEビルの4~6階だ。つまり2022年まではここが銀座におけるソニーショールーム/ストアになる。

GINZA PLACEビル自体の開業が明日24日10時からとのことで、ソニーショールーム/ソニーストア銀座もあわせて営業を開始。ソニーが入居するフロアは4階、5階、6階だ。

エスカレーターで4階に上がると、目の前に「α」「ハンディカム」を扱うデジタルイメージングコーナーが広がる。これまでの銀座ソニービルとは段違いのスケールだ。Eマウント、Aマウント、レンズ一体型の各種αがふんだんに並んでいる。

4階フロア図の右上が、αとハンディカムを扱うデジタルイメージングコーナー。広い。

写真の展示スペースが大きくとられているのもニクい。10月10日までは、写真家鈴木心さんが二階堂ふみさんを撮影した写真展「わたしの記念写真」が開催されている。

関連イベントとして、10月2日には鈴木心さんによるトークイベント「笑顔になっちゃう写真の撮り方セミナー」も実施予定だ。こうしたイベントも4階コミュニティースペースで積極的に行うという。

さすがソニーのショールーム、9月24日発売の新レンズ「FE 50mm F2.8 Macro」も手に取ることができた。

電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」(左)、電波式ワイヤレスレシーバー「FA-WRR1」(右)も9月24日発売。

こうした純正品のアクセサリーを手にとって確認できるのもこの施設の魅力のひとつだろう。

キャップ類やカメラバッグなどのアクセサリーの展示も充実している。

そしてここはショールームでもあるがストアでもある。購入相談はこちらで。

いまなら分割手数料0%キャンペーンを実施中。

5階はAVやVRなど。PlayStation4 PRO、PlayStaiton VRなどの展示もあるという。写真はここでしか展示がないという100V型の4K/HDRテレビ「Z9D」。

6階には、フォトギャラリーの「ソニーイメージングギャラリー」が所在。9月24日~10月20日は「ソニーワールドフォトグラフィーアワード2016年度受賞作品展」が開催中だ。

同じく6階には、「ソニー・イメージング・プロ・サポート」のラウンジが設けられている。

お客様相談カウンターも6階に。

以上で、GINZA PLACEビルに移転したソニーショールーム/ソニーストア銀座のレポートを終える。

個人的に印象的だったのは、やはりαをはじめとしたデジタルイメージングへの注力ぶり。ソニーマーケティング株式会社代表取締役社長の河野弘氏曰く「今最も力を入れているのがα」だとというのも、素直にうなづける話だ。プロサポートの会員も順調に増えているという。

α製品ならびにその世界を総合的に体験できるスペースとして、今後の展開にも期待したい。

デジカメ Watch,本誌:折本幸治

最終更新:9月23日(金)18時29分

Impress Watch