ここから本文です

日本ハム敗れ、M6のまま 連勝は5でストップ 楽天釜田の前に打線が沈黙

デイリースポーツ 9/23(金) 21:36配信

 「日本ハム2-4楽天」(23日、札幌ドーム)

 優勝へのマジックを6としている首位の日本ハムが楽天に敗れ、連勝が5で止まった。2位のソフトバンクが勝ち、ゲーム差は1に縮まったが、6試合を残す日本ハムのマジックは6のまま。

 先発のメンドーサが6回4失点と誤算。両軍無得点の四回に、今江の適時打、藤田の適時打などで3点を与えると、六回にはウィーラーの26号ソロでさらなるリードを許した。

 打線は七回に陽岱鋼の適時打で1点を返すと、八回には岡の適時二塁打で2点差に迫ったが反撃遅く、最後は楽天の守護神、松井裕に締められた。

 楽天は先発の釜田が6回無失点。自己最多タイの7勝目を挙げ、「久しぶりの登板でも、真っすぐが良かったので、押していった結果。8三振?真っすぐが一番の武器。有効に使えた結果、三振が奪えた」と振り返った。

 松井裕が2年連続の30セーブをマーク。

最終更新:9/23(金) 21:46

デイリースポーツ