ここから本文です

新型「NSX」の実車展示もある「全日本模型ホビーショー」開幕

Impress Watch 9月23日(金)19時40分配信

 日本プラモデル工業協同組合が主催する「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」が9月23日に開幕した。会場となる東京ビッグサイトには、本田技研工業の新型「NSX」をモデルにした新商品とともに実車などが展示されている。9月24日~25日は一般公開日で、入場料は一般が1000円、中学生以下は無料。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同イベントではタミヤ、京商、バンダイ、トミーテックなど、国内外のメーカーがブースを用意して、模型やラジコンなどホビー関連の新商品を多数展示する展示会。この記事では各ブースで披露された新商品などを紹介していく。

■タミヤ

 タミヤは、ホンダの新型「NSX」を実車展示するとともに、10月15日ごろ発売予定となっている「タミヤ 1/24スポーツカーシリーズ」の新製品「NSX」(価格:3800円+税)と、「タミヤ 1/10電動RCカーシリーズ」の新製品「NSX(TT-02シャーシ)」(価格:1万2000円+税)を展示。

 また、RCカーの新製品「マツダ デミオ(M-05シャーシ)」を同会場で初披露。そのほかにも、12月発売予定の新製品として1/12 オートバイシリーズ「カワサキ Ninja H2R」などを展示している。

■京商

 京商は、未来のクルマをイメージした「ドローン・レーサー」を発表した。ドローン・レーサーは高度の調整を自動で行ない、地上35cmと60cmの2種類の高さで地面すれすれを滑空。ホイールコントローラーで操作可能とするなどRCカーのような操作感を実現させたという。

■TOMYTEC

 TOMYTEC(トミーテック)は、鉄道模型の「トミックス40周年記念特設コーナー」を展開。トミーテックミニカーは「トミカリミテッドヴィンテージ」「チョロQzero」などの新製品を展示した。

■アオシマ(青島文化教材社)

 アオシマは、12月発売予定のプラモデル「ホンダ CB400FOUR-I・II(398cc)」とともにモデルとなった実車を展示した。

■バンダイ

 バンダイは、「機動警察パトレイバーREBOOT」の各種プラモデルを始め、秋・冬の新商品を展示している。

■ファインモールド

 ファインモールドは、川崎重工業が10月15日~11月3日開催の創立120周年記念展で実機披露を予定している三式戦闘機「飛燕」のプラモデルを展示。また、映画「風立ちぬ」に登場した「九試単座戦闘機」のほか、「紅の豚」「天空の城 ラピュタ」など宮崎駿監督作品に登場する飛行機の模型を多数出展している。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:9月23日(金)19時40分

Impress Watch