ここから本文です

DeNAが空中戦 6本塁打で全12得点を挙げる 筒香は41号満塁弾など連発

デイリースポーツ 9/23(金) 21:40配信

 「巨人4-12DeNA」(23日、東京ドーム)

 3位のDeNAが6本塁打で全得点を挙げる空中戦で、2位の巨人を圧倒。その差を2・5ゲームに縮めた。

 2点を追う三回、梶谷の16号2ランで同点とすると、またも2点差の六回には、ロペスが31号2ランで追い付いた。七回には白崎が6号ソロを放ち、勝ち越しに成功した。

 巨人はこの回途中から先発の田口をあきらめ、継投に入ったが、DeNA打線は手を緩めず、2死満塁の好機をつくると、4番の筒香が巨人4番手の宮国から41号満塁弾を右翼席へたたき込み、試合を決めた。

 九回にはロペスが1試合2本塁打となる32号弾を左翼席へ、続く筒香は2打席連続となる42号を左翼席へと運び、ダメを押した。

 巨人は打線が序盤の3回で4点を奪ったが、投手陣が17安打12点を許す大誤算。

 4番手で登板し、1回1/3を3奪三振で無失点、2勝目を挙げた砂田は、「大事なゲームなので、2位という目標があるので気合いが入りました。ピッチングで流れを変えられてうれしい。どんどん勝って2位でCSに行きたい」とファンにアピールした。

最終更新:9/24(土) 13:16

デイリースポーツ