ここから本文です

生稲晃子 乳がんで闘病する胸中を告白 明日ってだれにでも来ると思っていた

デイリースポーツ 9月23日(金)22時38分配信

 タレントの生稲晃子(48)が23日、TBS系「謝りたい人がいます。~芸能人が初めて明かす、人生最大の後悔SP~」に出演し、乳がんで闘病する胸中を明らかにした。

【写真】生稲も…母としての決意「子供が成人するまでは生きる」

 生稲は2011年4月28日、43歳の誕生日に乳がんと診断された。12年8月28日に再発。13年秋に二度目の再発をし、冬に乳房を全摘した。

 生稲は「明日が来るのが当たり前と思ってました。明日ってだれにでも来ると思っていたんですけど、そうじゃないということに気づいた」と乳がんを患ったことによる考え方の変化を告白した。

 続けて、「乳がんの場合は10年病院に通って検査しなきゃいけないんです。普通のがんは5年生存率といって、5年間病院に通ってお医者さまが大丈夫といえば…。乳がんの場合は進行が遅いので。私は今年後半に3年になるので、あと7年検査して10年後、卒業ということになる」と述べた。

最終更新:9月23日(金)22時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。