ここから本文です

伊調「感謝伝えたい」=八戸で五輪4連覇報告

時事通信 9月23日(金)18時57分配信

 リオデジャネイロ五輪のレスリング女子で五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞受賞が決まった伊調馨(32)=ALSOK=が23日、出身地の青森県八戸市で記者会見し、「金メダルを取れたのはたくさんの皆さんの応援のおかげなので、しっかりと感謝を伝えたい」と喜びを語った。

 滞在中には父親らと、2014年に亡くなった母の墓参りをする予定で、「家族5人で団らんできたら」と話した。2020年東京五輪については、「ゆっくり、やることをしっかりやってから次の道を考えたい」と述べた。

 伊調は小林真市長を表敬訪問し、「(リオ五輪の)内容は悔しいが、金メダルを取り、たくさんの人に喜んでもらえてよかった」と笑顔を見せた。24日には八戸市内で凱旋(がいせん)パレードが行われる。 

最終更新:9月23日(金)19時0分

時事通信

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。