ここから本文です

日本ライト級王者荒川仁人、初防衛戦へ前日計量パス

日刊スポーツ 9月23日(金)17時21分配信

 日本ライト級タイトルマッチの前日計量が23日、都内で行われた。初防衛戦となる王者荒川仁人(34=ワタナベ)が61・0キロ、挑戦者の同級4位塚田祐介(27=吉祥寺鉄拳8)が61・1キロと、ともにリミットを下回ってクリアした。試合は24日に東京・後楽園ホールでゴングとなる。

 荒川は4月に約5年ぶりで日本王座へと返り咲いた。11年には東洋太平洋王座も獲得し、13年には世界挑戦も経験している大ベテラン。ジムを移籍初戦は判定負けも2戦目で「最低の恩返し」という3本目のベルト獲得だった。3度目の初防衛戦には「勝ちは前提も内容が問われる。安定した戦いで、次につながる試合をしたい」と話す。

 塚田はジム6年目にしてタイトル初挑戦、初の10回戦で、サウスポー相手も初めてとなる。前戦では2回TKO負けを喫した。「負けていて挑戦なので気持ちは楽。初めて試合が楽しみ」と、厚い壁にも笑顔も見せた。

最終更新:9月23日(金)17時21分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。