ここから本文です

西内まりや、大阪人は「感受性が豊か」胸元がセクシーなドレスで“悩殺”

スポーツ報知 9月23日(金)20時13分配信

 歌手の西内まりや(22)が23日、大阪・梅田ブルク7で開かれた初主演映画「CUTIE HONEY ―TEARS―」(10月1日公開、監督・A.T.)の先行上映会で舞台あいさつを行った。胸元を強調したセクシーな白と黒のドレスで登壇。「めっちゃ好きやねん!」と、大阪のファンを“悩殺”した。

 「こんばんわ」と、いきなり関西のイントネーションであいさつした西内は、歓声を浴びてご機嫌の笑顔。映画のタイトルにちなみ、大阪人のキュートな部分を問われると「感受性が豊かなところ。イベントとかがあると、もううるさい! よく笑うし、よく泣くし。私と似てます」。キュートな大阪弁に「好きやねん」を挙げ、「めっちゃ好きっちゃ!」と地元・博多弁も披露した。

 映画は永井豪さん原作の名作アニメの実写版。「かっこいいアクション映画になりました。みなさんのキューティーハニーのイメージをいい意味で裏切る、スタイリッシュな作品です」とPR。「大作で、ファンの方がたくさんいらっしゃる」と責任感も感じたといいうが「オレの知っているキューティーハニーと違うぞ! という意見でも何でも受け付けますので、お聞かせいただけるとうれしいです」とアピールした。

最終更新:9月23日(金)22時47分

スポーツ報知