ここから本文です

スイッチ交換ができるゲーミングキーボード「DeFiant」が先行発売、ツクモ

Impress Watch 9月23日(金)21時5分配信

 交換可能なモジュール式キースイッチを採用したEpicGearブランド(台湾Golden Emperor International)のゲーミングキーボード「DeFiant」が24日(土)にツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館で販売される予定だ。

 同日、ツクモパソコン本店で開催されるイベント「Dr.TAKAのEpicGear新製品いじるラボ」にあわせたもので、ツクモ先行販売となる。その他のショップでは、10月7日(金)から販売予定。

 販売が予定されているのは、日本語配列「DeFiant-JP(EGKFA2-BBJP-AMSG)」と英語配列「DeFiant-EN(EGKFA1-BBEP-AMSG)」に初回限定特典の「交換用スイッチ3色セット」が付いたモデルと、交換用キースイッチ24個のセット「EG Switch Grey 24 Pack(EGKFE1-GBAA-AMSG)」「EG Switch Orange 24 Pack(EGKFE1-OBAA-AMSG)」「EG Switch Purple 24 Pack(EGKFE1-PBAA-AMSG)」。

 店頭価格はキーボードが税込18,800円、交換用キースイッチが税込2,800円。

■着脱可能なメカニカルキースイッチ「EG MMS」を採用したゲーミングキーボード

 DeFiantは、EpicGearが開発した着脱可能なメカニカルキースイッチ「EG MMS」を採用したUSB接続のキーボード。EG MMSの採用により、ユーザーの好みや用途などに応じて各キーのスイッチを交換できるようになっている。

 キースイッチは、「押下に比例して反発力が強くなるリニアタイプ」(マイルストーン)の「EG Grey」、「クリック感のあるタクタイルタイプ」(同)の「EG Orange」、「強いクリック感とクリック音のある」(同)という「EG Purple」の3種類。

 標準ではEG Purpleが装着されており、オプションのキースイッチを購入してEG GreyやEG Orangeに交換したり、異なるタイプのキースイッチを混在させたりできる。耐久性は「世界最高」(同)といい、7,000万回押下できることを保証するとしている。押下圧は50g、キーストロークは4mm。

 キースイッチの他にも多くのオプションを用意するとのこと。バックライトのカラーを変更できるライトバー、マクロキーパネル(24キー)、USB Type-Cポートを備えたリアバンパー、パームレストなどがあるという。

 標準のバックライトカラーはホワイト(クリアタイプのライトバーが装備)。発光パターンは9種類に設定できる。また、全キーがプログラム対応で、ソフトウェアによるプロファイル管理(4つまで)が可能。Nキーロールオーバー(10キーまで)にも対応する。

 本体サイズは幅455×奥行き167×高さ26mm。重量は1,000g。USBポーリングレートは125Hz/250Hz/500Hz/1,000Hz。USBケーブル長は1.8m。なお、英語配列モデルのみボリュームコントロール機能を備える。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館とツクモパソコン本店とツクモDOS/Vパソコン館]

[Amazonで購入]:EpicGear DeFiant-JPEpicGear DeFiant-ENEpicGear EG Switch Purple 24 PackEpicGear EG Switch Grey 24 PackEpicGear EG Switch Orange 24 Pack

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:9月23日(金)21時5分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]