ここから本文です

ホンダコレクションホール、「オール ホンダWGPマシン特別展示」を10月17日まで開催

Impress Watch 9月23日(金)22時40分配信

 ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)内にあるミュージアム「ホンダコレクションホール」で、企画展「オール ホンダWGPマシン特別展示-歴代のWGPマシン85台がここに集結-」が10月17日まで開催されている。ホンダコレクションホールの入場は無料だが、別途ツインリンクもてぎの入場料として大人[高校生以上]1000円が必要。中学生以下は入場無料。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ホンダコレクションホールの3階南棟 2輪レース車フロアで実施されているこの企画展では、1959年にロードレース世界選手権に初参戦した「ホンダ RC142」から現代の2輪最高峰レースであるMotoGP世界選手権でコンストラクターズタイトルを獲得した「Honda RC213V」まで、世界を相手にホンダの技術力を示してきた2輪レースマシン85台を一堂に展示。半世紀以上にわたって続く世界最高峰レースに対する挑戦の歴史を、マシンの進化によって体感できる。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:9月23日(金)22時40分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]