ここから本文です

愛之助が「京都でどうしても式を挙げたかった理由」とは? ブログで明かす

スポーツ報知 9月23日(金)20時39分配信

 女優の藤原紀香(45)と京都・上賀茂神社で挙式した歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)が23日、自身の公式ブログを更新。京都で式を挙げたかった理由について明かした。

【写真】相合い傘の片岡愛之助と藤原紀香

 この日更新されたブログで愛之助は「私事ですが本日、世界遺産である京都賀茂別雷神社にて無事に祈りの儀を終える事ができました」と報告。当初は親族のみで行うつもりだったが、事前に報道が出たことを驚きつつも、「沿道の皆様方の御祝いのお声が嬉しかったです!!!」とし、ファンや、警備にあたったスタッフ、神社に対しても感謝の言葉をつづった。

 さらに、「僕が京都でどうしても式を挙げたかった理由は愛之助の前名、千代丸の名を披露させて頂いたのが京都の南座なのです、つまり、歌舞伎俳優として産声を上げたのは京都なのです」と、歌舞伎俳優として生誕の地・京都にこだわったことを告白していた。

最終更新:9月23日(金)22時3分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。