ここから本文です

豪栄道が日馬富士破り初優勝へ大前進 秋場所

日刊スポーツ 9月23日(金)17時57分配信

<大相撲秋場所>◇13日目◇23日◇東京・両国国技館

 単独トップの大関豪栄道(30=境川)が横綱日馬富士(32=伊勢ケ浜)を首投げで破り無傷の13連勝。かど番からの初優勝へ大きく前進した。連覇を目指した日馬富士は3敗となり、優勝争いから脱落した。

【写真】遠藤「反応が良かった」松鳳山に逆転のとったり

 2敗で追う関脇高安(26=田子ノ浦)も前頭5枚目御嶽海(23=出羽海)に押し倒され優勝戦線から脱落。同じく2敗の前頭14枚目遠藤(25=追手風)は同7枚目松鳳山(32=二所ノ関)をとったりで破り、優勝争いに踏みとどまった。

 横綱鶴竜(31=井筒)は大関稀勢の里(30=田子ノ浦)を下手投げで下した。ともに9勝4敗。

 大関琴奨菊(32=佐渡ケ嶽)は大関照ノ富士(24=伊勢ケ浜)を寄り切り8勝目を挙げかど番脱出。照ノ富士は4勝9敗となった。

 優勝争いは、豪栄道がただ1人勝ちっ放しの13連勝、2敗で遠藤が追う。14日目に豪栄道が勝てば自力で、敗れても遠藤が敗れれば優勝が決まる。

 十両では、業師で人気の筆頭宇良(24=木瀬)が9枚目里山(35=尾上)に引っ掛けで敗れ4勝9敗となった。

最終更新:9月23日(金)20時18分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。