ここから本文です

伊東大貴に原田監督がハッパ「レジェンド頼りすぎ」

日刊スポーツ 9月23日(金)22時18分配信

 14年ソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプ団体ラージヒル銅メダルの伊東大貴(30=雪印メグミルク)が、監督で長野五輪団体金の原田雅彦氏からハッパをかけられた。

 雪印メグミルクが23日、都内で「スキー部創部70周年ファン感謝イベント」を開催。集まったファン約100人と会話を楽しんでいた。

 その後、記者会見が行われた。今季は平昌五輪の代表選考が始まり、11月25日にジャンプW杯がフィンランドで開幕する。また世界選手権(17年2月)もフィンランドで行われる。そうした中で、原田監督は「レジェンド葛西に日本は頼りすぎている。伊東大貴がカギだ」と、男子ジャンプ界の現状について語った。そして「実力は我々よりはるかに上。この状態にいるのが不思議だ」と伊東に奮起を促した。これに対して伊東は「勝者の発言ですね」と話し笑いを誘ったが、「指導者として同じメダルを取らせたい。原田イズムを取り入れてしっかりやっていきたい」と監督の期待に応える活躍を誓った。

最終更新:9月23日(金)22時20分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]