ここから本文です

西武菊池「力負け」7失点で11連勝も初勝利も逃す

日刊スポーツ 9月23日(金)23時40分配信

<西武0-8ソフトバンク>◇23日◇西武プリンスドーム

 西武菊池雄星投手(25)が自身11連勝を逃した。3回に今宮に2ランを献上して先制を許すと、続く4回も連続四球などでピンチを広げ、3点を失った。143球の力投も6回1/3を7失点で6敗目。ソフトバンク戦プロ初勝利もならなかった。「ボール自体は悪くなかったので、力負けです。(打線の)2巡目に、しっかりアジャストしてくる。もっともっと工夫する余地がありました」と悔しさをにじませた。

【写真】ソフトバンク今宮4打点!甲子園ライバル菊池攻略

 前回17日に楽天戦では、左手中指のまめがつぶれて負傷降板したが「その影響はなかったです」。規定投球回到達まで残り6イニングで、次回は中4日で28日の日本ハム戦に登板する予定。「第一はチームが勝つこと。しっかり調整しないといけない」と力を込めた。

 田辺徳雄監督(50)は「珍しく制球が悪かった。イニングを投げないといけないところでコントロールが悪く、球数を放る形になってしまった」と話した。

最終更新:9月23日(金)23時56分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]