ここから本文です

【MLB】田中が次戦先発を回避、右前腕下部にわずかな張り

ISM 9月23日(金)10時40分配信

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、予定されていた現地26日のトロント・ブルージェイズ戦での先発登板を回避することが分かった。ジョー・ジラルディ監督によると、右前腕下部にわずかな張りがあるという。

 これはジラルディ監督が22日の試合前に発表したもの。監督は田中について5日間は投げずに様子を見るとし、10月2日のレギュラーシーズン終了までに再び先発する可能性を示唆している。

「ちょっとした傷みたいなものだろう。大げさにするつもりはない。大事だとは思っていないんだ」と語るジラルディ監督。22日にMRI検査を受けた田中は通訳を介して「強くなって戻ってこられるはず。何も心配していない。今季中に戻るのが楽しみだし、すぐに復帰できる自信がある」と話している。

 田中は今季31試合の先発で14勝4敗、防御率は22日時点でア・リーグトップの3.07をマーク。21日のタンパベイ・レイズ戦で14勝目を挙げたが、1イニングで4ホーマーを浴びる場面もあった。(STATS-AP)

最終更新:9月23日(金)10時44分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)