ここから本文です

水樹奈々、女性ソロ初の甲子園ライブ「夢みたい」 サックスで『六甲おろし』披露

オリコン 9月23日(金)13時10分配信

 声優アーティストの水樹奈々が22日、兵庫・阪神甲子園球場で女性ソロアーティスト初のライブ『NANA MIZUKI LIVE PARK 2016』を開催した。途中から豪雨の中でのライブとなったが、大のタイガースファンの水樹はこの日のために猛特訓してきたサックスで阪神の球団歌「六甲おろし」を初披露するなど、虎党らしい演出で3万7000人を熱狂させた。

【写真】豪雨に打たれながら熱唱した水樹奈々

 「行くぜ、甲子園!」のかけ声で風船が大空に放たれるなか、「アオイイロ」でスタート。念願の甲子園のステージに立った水樹は「夢みたいです。まだ信じられなくて、鳥肌が止まらなくて…オープニングから泣きそうでした」と喜びをかみしめた。

 甲子園では7回裏の阪神の攻撃前にジェット風船を飛ばすのが恒例とあり、7曲目の「POP MASTER」では、アリーナを含めた観客全員で一斉にジェット風船を飛ばす一幕も。圧巻の光景となり「超きれいだったねー! 甲子園ライブという夢がもしも万が一かなったら、7曲目でこれをやりたかったんです!」と興奮した。

 終盤の「アパッショナート」では、ステージセット上部から「ナイアガラ」と呼ばれる火花の特効が降り注ぎ、水樹のほとばしる歌声もあいまって、甲子園はさらにヒートアップ。その直後、まさにナイアガラのごとく滝のような雨が降り出した。

 水樹は「大丈夫?」と観客を気遣いながらも「いろんな甲子園が味わえて、気持ちいいー! これもすごい演出。天の恵みよ! だって水樹奈々だもん!」と前向きに語り、大雨すら演出に変えてしまった。

 盛大な「奈々」コールに応えて始まったアンコールでは、アルトサックスを手に登場した水樹が、サックスのフレーズが印象的な楽曲「Fun Fun★People」を演奏し、会場のどよめきが大歓声に変わった。「甲子園で何か新しいチャレンジをしたいなぁと思っていたときに、甲子園…高校野球…スタンド席で応援している熱いブラスバンド…というのが思い浮かんで、『あ!サックスやろう!』と私の中で脳内展開されてしまいまして」と説明すると、さらに「六甲おろし」を演奏し、しっかりとタイガース愛をアピールしていた。

 ライブ中には、約1年ぶり12枚目のアルバム(タイトル未定)を12月21日に発売することを発表し、野球をモチーフにした歌詞の新曲「STAND UP!」を披露。来年1月7日の愛知・日本ガイシホールを皮切りに、7年ぶりとなる冬のライブツアーを行うことも発表された。3月12日のさいたまスーパーアリーナ公演まで全14公演が行われる。

■『NANA MIZUKI LIVE PARK 2016』セットリスト
01. アオイイロ
02. POWER GATE
03. It's Only Brave
04. Naked Soldier
05. SCARLET KNIGHT
06. アンティフォーナ
07. POP MASTER
08. 76th Star
09. Summer Sweet
10. コイウタ。
11. The NEW STAR
12. Faith
13. TRANSMIGRATION
14. 熱情のマリア
15. STARTING NOW!
16. レイジーシンドローム
17. 7COLORS
18. STAND UP!
19. MASSIVE WONDERS
20. ETERNAL BLAZE
21. アパッショナート
22. BRAVE PHOENIX
【アンコール】
23. Fun Fun★People
※六甲おろし
24. You have a dream
25. ミラクル☆フライト
26. 恋想花火
【Wアンコール】
27. JET PARK

最終更新:9月23日(金)13時10分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。