ここから本文です

KinKi Kids、11・2新曲は安藤裕子が提供 特典DVDはリアクション芸収録

オリコン 9月23日(金)13時47分配信

 人気デュオ・KinKi Kidsが、11月2日に37枚目のシングル「道は手ずから夢の花」をリリースすることが明らかになった。作詞作曲はシンガー・ソングライターの安藤裕子(39)が手がけた。

KinKi Kids デビュー曲からのシングル売上ランキング

 同世代の安藤が書き下ろした新曲は、「自分の人生をしっかり楽しもう」という人生の道筋を“夢の花”に見立てたミディアムバラード。エスニックと和のテイストが融合した楽曲となっている。

 本作は、初回盤A・B(ともにCD+DVD)、通常盤の3形態。初回盤Aの付属DVDには表題曲のミュージックビデオおよびメイキング映像(約15分予定)を、同Bにはキンキの2人が花に扮し、雨や風に挑む“感動の”リアクション芸を収めた映像「-花と花-(仮)」(約10分予定)が収録される。

 各形態の先着購入特典として、A4サイズのクリアファイナルを進呈(なくなり次第、配布終了)。

最終更新:9月26日(月)10時46分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。