ここから本文です

大坂城でUSJイベント開催 草刈正雄、山本耕史も興奮の戦国ライブショー

オリコン 9月23日(金)16時6分配信

 大阪市内にある「大坂城」がユニバーサル・スタジオ・ジャパンの“一部”になる。同市内にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは23日、『ユニバーサル・クールジャパン2017』の第2弾発表として、初めてパークを飛び出し、大阪城でスペクタクル・ライブショー『戦国・ザ・リアルat大坂城』を開催することを発表した。同日、大坂城・西の丸庭園で行われた発表セレモニーには、NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』に出演中の俳優・草刈正雄(真田昌幸役)、山本耕史(石田三成役)が駆けつけ、会場を大いに沸かせた。

【真田丸】「鍛えすぎ」と話題になった山本耕史出演シーン

 同イベントは、12月16日から来年3月12日までの期間、開催予定。大阪市が推進している大阪城パークマネジメント事業の一環として、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが総力を挙げて提供する。大阪城をキャンパスに、プロジェクション・マッピングとパイロ(演出用花火)で描き出される戦国絵巻。西の丸庭園では大阪城を背景に戦国時代の楽市・楽座をイメージした夜店が軒を並ねたエリアも登場し、戦国時代にタイムスリップしたかのような体験ができる。

 セレモニーでは、「真田」の象徴でもある赤色の陣営に、赤の甲冑を身に着けた騎馬武者や戦国武将が現れ、陣幕が振り落されると、大阪府知事・松井一郎氏、大阪市長・吉村洋文氏、草刈、山本、USJ代表取締役CEOのジャン・ルイ・ボニエ氏が登場。イベントの開催決定を宣言すると、騎馬武者たちの鬨(とき)の声が響き渡り、会場はセレモニーに参加した約200人のゲストの歓声で包まれた。

 草刈は「僕もこのようなイベントを考えていたんですよ。企画された方はすごくいいところに目をつけたと思います。世界からも魅力的なコンテンツである戦国をテーマとした壮大なライブ・スペクタクルショーが行われることは本当に素晴らしい。世界中の方がワクワクドキドキする事を、非常に楽しみにしています」とご機嫌。

 山本も「日本が誇るものはいろいろあるけど、日本の“美”は、こういうイベントにあると思います。日本が誇る美を、本当に目の前で繰り広げられるリアルなスペクタクル・ショーとして世界に広めることができる機会にワクワクしています。老若男女問わず、お子さんも外国の方たちも、多くの方に見ていただきたい」と期待を寄せた。

 松井府知事は「大阪のシンボルであり、世界の入口である大坂城で、まるで真田丸(このショー)に出演しているような気分で、体感してもらいたい」とコメントしていた。

 『ユニバーサル・クールジャパン2017』では、『戦国・ザ・リアルat大坂城』のほかに、『ゴジラ・ザ・リアル4-D』を来年1月13日より期間限定で開催することも発表している。

最終更新:9月23日(金)17時29分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。