ここから本文です

高畑淳子、主演舞台が開幕 コミカル芸者演じきり「立派」の声も

オリコン 9/24(土) 15:47配信

 強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕され、不起訴処分となった俳優・高畑裕太(23)の母で女優の高畑淳子(61)が主演を務める舞台『雪まろげ』が24日、東京・北千住シアター1010で、初日公演を迎えた。

【写真】着物姿でコミカルな芸者を演じきった高畑淳子

 大女優・森光子さんの代表作と知られる同舞台が9年ぶりに再演。同作は、昭和50年代の青森・浅虫温泉を舞台に、温泉芸者の夢子がついた小さなウソから巻き起こる大騒動を描く傑作喜劇。

 あたたかい拍手で幕が上がり、陽気な芸者として、コミカルな演技で何度も劇場を笑わせていた高畑。約3時間の上演が終わると、観客たちはスタンディングオベーションで拍手を送り、高畑は共演の榊原郁恵らと笑顔であいさつをしていた。

 観劇後、静岡県から駆けつけたという40代女性は「チケットは(騒動の)前から買っていました。同じ子を持つ親として少し心配していたけど、しっかりと演じきっていて、途中からいろいろなことは忘れて楽しんでいました」と満足げに笑顔を浮かべ「プライベートのことを一切、感じさせずに立派でした」と、高畑の女優魂に感服した。

 先月、母として謝罪会見を行った高畑は、今後の仕事について「自信はないですが、舞台に立って地方の方に姿をお見せするのが私の贖罪」と涙ながら話していた。テレビで会見を観たという50代女性は「(高畑裕太が)やってしまったことは消えないけど、淳子さん個人は何も悪くない。一ファンとしては、これからも頑張ってもらいたい」といい、50代男性も「またドラマで元気な姿を観たい」と、口々に激励の言葉を送っていた。

 同舞台は、24日の東京・北千住のシアター1010を皮切りに、12月4日の名古屋・刈谷市総合文化センター アイリスまで全国各地で上演される。

最終更新:9/26(月) 12:40

オリコン