ここから本文です

綾瀬はるか、3年連続「会津まつり」参加 大河ドラマの看護服姿でパレード

オリコン 9/25(日) 16:56配信

 女優の綾瀬はるかが25日、福島・会津若松市で行われた「会津まつり」に参加。幕末の会津が舞台となったNHK大河ドラマ『八重の桜』(2013)で主人公・山本八重を演じた綾瀬は3年連続の参加となり、パレードでは総勢500人と市内を練り歩いて観客を沸かせた。

 パレード前には、震災から1000日後に植樹した桜の木「はるか」への水やりにも参加し、パレードの午前の部はドラマで着用した戦闘服、午後の部で看護服へ着替えた。集まった観衆に向け「暑い中さすけねぇか? うん よかったなし。午前中は戦闘服でしたが、今回は八重さんが赤十字で働かれていた時の看護婦の衣装でございます。大河の撮影ぶりに着て、すごく懐かしいなぁと思って、うれしく思っています」と方言を交えてあいさつした。

 3年連続の参加となったが「みなさん、あたたかく迎えてくださってありがとなし」と感謝し、「今とても暑い最中ですけども、水分をとって楽しい一日にしてください」と呼びかけた。

最終更新:9/25(日) 16:56

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]