ここから本文です

川淵氏、感動の船出にホッ…開幕戦「90点あげていい」/バスケ

サンケイスポーツ 9月23日(金)5時0分配信

 Bリーグ1部(22日、A東京80-75琉球、国立代々木競技場)“生みの親”も感動!! 新しいプロリーグが開幕。2014年11月に国際バスケットボール連盟(FIBA)の制裁を受けた日本バスケットボール協会(JBA)の救済に乗りだし、リーグ発足への大きな推進力となったのが、JBA・川淵三郎エグゼクティブアドバイザー(79)。「アルバルク東京(以下A東京)-琉球」の開幕戦を観戦した川淵氏は、盛り上がりを喜んだ。

 演出も試合内容でも大いに盛り上がった開幕戦を見届けた。川淵氏は「100点とはいえないが、90点はあげていい」と笑顔だった。

 昨年1月、JBA改革のためのタスクフォース(特別チーム)のチェアマンを委嘱された。2014年11月、JBAは統治不足を理由にFIBAから国際試合禁止などの制裁を受けていた。最大の課題は男子国内リーグの分裂解消。ナショナル(NBL)、bjの両リーグも統一へ協議を重ねたが、折り合えないでいた。

 「子供がプロ選手になりたいと思える、魅力あるリーグを作る」。サッカーJリーグの発足を主導した川淵氏は、畑違いのバスケ界でも剛腕を発揮。地域密着型クラブによるプロリーグ構想で、昨年4月には新リーグの法人を設立。強力なリーダーシップで、あっという間にまとめ上げた。

 リーグ発足の先に日本代表の強化がある。「選手が自分の技術レベルを上げていってほしい」。次の目標に、東京五輪での日本の活躍を掲げた。

最終更新:9月23日(金)5時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]