ここから本文です

【オールカマー】“大物食い”の田辺カイザー!

サンケイスポーツ 9月23日(金)9時29分配信

 産経賞オールカマーはGIホースのゴールドアクターとマリアライトの2頭に注目が集まっている。しかし、そんな2強ムードだからこそ軽視できないのが、クリールカイザーと田辺裕信騎手(32)=美・フリー=だ。このコンビは昨年、今回と同じ舞台のアメリカジョッキークラブCで果敢な逃げを打ち、ゴールドシップの1強ムードを打ち破って重賞初制覇。今回も積極策をほのめかし、“大物食い”を狙っている。

 2強ムードなど、この男にはお構いなしだ。

 「2頭は強いし、堅実ですからね。でも競馬なので、何があるかは分かりませんよ」

 不敵に笑う田辺騎手とクリールカイザーのコンビは、昨年のAJCCでゴールドシップが単勝オッズ1・3倍と1強ムードの中、果敢に逃げ切って波乱を演出。他にも田辺騎手は、変幻自在の大胆な騎乗で何度も“大物食い”をしてきた。

 今年の安田記念では8番人気(単勝3690円)のロゴタイプで逃げ切り、単勝1・7倍の圧倒的な支持を受けた絶対王者モーリスを退ける大金星。昨年のアルテミスSでは12番人気(同8280円)のデンコウアンジュに騎乗し、のちにGIを2勝するメジャーエンブレムを直線一気で差し切った。注目度が低いときこそ、怖いジョッキーなのだ。

 しかもこの舞台なら、なおさら。「中山の2200メートルは好きですよ。ペースとか展開とか、レースの組み立てがおもしろいので」。トリッキーなコースだからこそ、やりがいがあるし、番狂わせも起きやすいと話す。

 好きと言うだけあり、攻略法も熟知している。中山芝2200メートルの重賞は近3年だけで3勝。それも全てが相沢厩舎の所属馬(ヴェルデグリーンで2013年オールカマー、14年AJCC)と相性の良さが際立つ。

 クリールカイザーは脚元の不安で長期休養していたが、復帰3戦目となった前走の七夕賞が見せ場十分の5着。ジョッキーも「ハンデ(57キロ)も重かったし、時計的にもよく頑張っていました。レースを使われて体調も上がってきたのでは」と復調気配を感じている。

 「前走みたいに早めにスパートする形でもいいし、逃げてもいい。あくまでも枠順とか馬場状態次第ですけどね」。田辺騎手は静かにVのイメージを描く。嵐が去った中山に波乱の気配が漂う。(藤沢三毅)

★驚異の単勝回収率454%

 田辺騎手は相沢厩舎の所属馬に67回騎乗して11勝、2着6回。勝率16.4%、連対率25.4%と好成績を残している。中山の芝レースに限定すると、25戦で勝率28.0%、連対率44.0%と跳ね上がり、単勝回収率は454%と驚異的な数字。2013年にヴェルデグリーンでこのレースを勝ったときも9番人気(単勝3800円)と人気薄だった。

最終更新:9月23日(金)9時41分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]