ここから本文です

中日・雄太が引退…2009年に球団記録の開幕11連勝をマーク

サンケイスポーツ 9月23日(金)12時49分配信

 12年目の中日・雄太投手(36)が23日、ナゴヤドームで引退会見を行った。

 スーツ姿で現れた左腕は、「いろんな人に支えてもらって、いろいろ考えましたけど、この球団で終わりたいと思って、引退を決めました」と話した。竜一筋。2005年に日本通運から入団すると、09年には球団記録の開幕11連勝を記録するなど、投手王国の一端を担った。14年には6勝7敗、防御率3・21の成績を収めたが、それ以後は1、2軍を行き来し、1軍で勝ち星がなかった。

 一番の思い出は、「2011年にクライマックスで優勝が決まるか、決まらないかのところで、投げさせてもらったこと」と、感慨深げに振り返った。クライマックスシリーズ・ファイナルステージの第4戦となったヤクルト戦(ナゴヤD)で先発し、5回2安打1失点で勝ち投手に。直球が微妙に曲がる“真っスラ”を武器に、ゴロの山を築き、日本シリーズ進出の原動力にもなった。

 25日のナゴヤドームで行われる阪神戦で、引退登板が行われる。(長谷川稔)

最終更新:9月24日(土)9時52分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]