ここから本文です

侍ジャパン WBCに向け新ユニホームを発表…小久保監督「身の引き締まる思い」

サンケイスポーツ 9月23日(金)13時55分配信

 野球日本代表「侍ジャパン」は23日、来春開催予定の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた新ユニホームを発表した。

 東京・文京区の野球殿堂博物館で会見した小久保裕紀監督は「一番最初に袖を通させてもらい改めて身の引き締まる思い」と意気込みを口にした。

 侍Jは全世代で同じユニホームを着用していたが、今回の新ユニホームは小久保監督から「選ばれし者の使命感を持って戦うため」と要望が出され、トップチームのみの仕様となった。新たに襟、袖に2度のWBC優勝を象徴する金の縁取りがつき、袖の内側には結束を示す赤がつけられた。

 11月のメキシコ、オランダとの強化試合(10~13日、東京ドーム)で初めて着用する予定。小久保監督はメンバー候補として、優勝した広島の鈴木誠らやDeNAの石田、巨人の田口ら若手に注目していることを明かした。「出場メンバーは10月半ばにはお伝えできると思う。WBCの本番を想定した強化ができる」と話した。

最終更新:9月23日(金)15時13分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]