ここから本文です

鈴木明子さん、同級生と婚約中「18年ぶりに再会して全然覚えていなかったんです」

サンケイスポーツ 9月23日(金)18時10分配信

 プロフィギュアスケーター、鈴木明子さん(31)が23日、東京・日本橋三越で行われた世界文化社創立70周年&「家庭画報」創刊700号記念のトークショーに出席した。

 今年6月、愛知・豊橋市立花田小の同級生で、外資系企業の社員Aさん(31)との婚約を公表。Aさんは鈴木さんの母が営む居酒屋の常連で昨秋、その居酒屋で偶然、約18年ぶりに再会。意気投合し、デートを重ねてきた。

 この日、左手薬指にAさんから贈られた婚約指輪を光らせながら登壇。婚約についての話題になると「小学校の同級生です」と改めて報告。続けて「18年ぶりに再会して、小学校のとき、どんな人だったかも全然覚えていなかったんです。こういうこともあるんだなって。人生って分からないなと思います」と感慨深げ。婚約して変ったことは?と聞かれると、「特にないですね」と笑顔。ウエディングドレスについては「あまり憧れがなかったんですよ(笑)。白い衣装も着ていたし…全然イメージがなかった。これから考えます」とコメントした。

 終了後の取材で、Aさんについて「見た目も中身もすごくやさしくて安心できます。身長は1メートル75ぐらい」とニッコリ。現在同居はしておらず、挙式についても「未定です」とし、メドについても「その辺もゆっくり相談しながら…。焦ることもないと思っているので」と話していた。

 また、卓球の福原愛選手(27)と台湾代表の江宏傑選手(27)が結婚会見した件には、「愛ちゃんが小さいときから頑張っているところをテレビで見ていて、幸せそうな姿で本当にうれしかったですね」と話した。

最終更新:9月23日(金)18時10分

サンケイスポーツ