ここから本文です

真空管でアンプやエフェクターが自作できる! コルグの新真空管「Nutube」がいよいよ一般販売開始

BARKS 9月23日(金)18時23分配信

8月に行われたモノ作りの祭典「Maker Faire Tokyo 2016」で先行発売され、話題を集めたコルグの新真空管「Nutube」の一般販売がいよいよスタートする。

「Nutube」は、コルグがノリタケ伊勢電子と共同開発した新真空管。従来の真空管と同じ構造で完全な3極真空管として動作し、真空管特有の豊かな倍音を生み出す。構造を工夫することで、従来の真空管に比べて大幅な省電力化、小型化、品質向上に成功しているのが大きな特徴。これはノリタケ伊勢電子の蛍光表示管の技術を応用することで実現している。

2015年1月の発表以来、専門技術展をはじめ、オーディオ機器から楽器関連、ものづくり系まで幅広いジャンルのイベントに「Nutube」試作機を出展し、「Nutube」のさまざまな可能性を模索してきたコルグ。2016年3月からは法人向けのサンプル出荷が開始されていたが、量産体制が整ったことで、いよいよ9月23日より一般向けに販売が開始されることとなった。

従来の真空管は高い電圧が必要で品質のばらつきも多いなど扱いが難しい面があったが、「Nutube」ではそうした問題はクリアされている。なんといっても従来の真空管の2%以下の電力で動き、電池での動作も可能だ。また、容積比で従来の真空管に対し30%以下と小型化されているし、連続期待寿命30,000時間ということで非常に使いやすい製品になっている。しかも日本製だ。

「Nutube」を取り入れることで、自作アンプ/エフェクターからオーディオ・クラフトなど、ものづくりの可能性がさらに広がる。自作派はぜひ一度手に取ってほしい。なお、コルグオンラインドットコムをはじめとしたショップでは9月19日(月・祝)11時から予約がスタートする。詳しくは下記Nutube取り扱い店リストを参照のこと。

製品情報
◆Nutube 6P1
価格:5,000円(税別)
発売日:2016年9月23日

最終更新:9月23日(金)18時23分

BARKS