ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) パク・ヘジン、慶州地震被害復旧のために寄付

朝鮮日報日本語版 9月23日(金)10時49分配信

 俳優パク・ヘジンが、慶州地震の被害復旧のため5000万ウォン(現在のレートで約456万円)を寄付した。

【写真】 パク・ヘジン主演「チーズ・イン・ザ・トラップ」制作発表会

 所属事務所マウンテン・ムーブメントの関係者は23日、スターニュースの取材に対し「パク・ヘジンが慶州地震の被害復旧のため、赤十字社に5000万ウォンを寄付した」と語った。

 パク・ヘジンの寄付金は、復旧作業のためのはしご車支援に使われる予定だ。

 関係者は「パク・ヘジンは慶州地震のニュースに心を痛めていた。地震のニュースが入ってきた後から寄付について話し合っていたが、被害復旧に関して用途を定め、最近寄付を行った」と説明した。

 なおパク・ヘジンは、総合編成チャンネルJTBCで2017年に放送予定の新ドラマ『マンツーマン』(原題)=キム・ウォンソク脚本、イ・チャンミン演出=で、主役にキャスティングされている。

最終更新:9月23日(金)10時50分

朝鮮日報日本語版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。