ここから本文です

ハリウッド版『攻殻機動隊』映像公開、ビートたけし演じる荒巻大輔が登場

CINRA.NET 9月23日(金)11時42分配信

『攻殻機動隊』の実写映画『GHOST IN THE SHELL(原題)』の映像が公開された。

【映像を見る】

映像はParamount PicturesのYouTubeチャンネルで5本公開。スカーレット・ヨハンソン演じる主人公・草薙素子の劇中での姿をはじめ、荒巻大輔役のビートたけしが銃を手にする場面、僧侶のような装束に身を包んだ男たちが車座になっている様子などが確認できる。

『スノーホワイト』のルパート・サンダースが監督を務める同作は、ニュージーランドのウェリントンで撮影されており、2017年3月31日に全米で公開。キャストにはスカーレット・ヨハンソン、ビートたけしのほか、ドクター・オレット役のジュリエット・ビノシュ、クゼ役のマイケル・ピット、バトー役のピルー・アスベック、公安9課のメンバー役にチン・ハン、ダヌシア・サマル、泉原豊らが名を連ねている。さらに桃井かおりの出演も発表されている。

CINRA.NET

最終更新:9月23日(金)11時42分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。