ここから本文です

寿司屋で「ネタだけ食べてシャリだけ残す人」が増加 物議を醸す

AbemaTIMES 9/23(金) 18:00配信

今、糖質制限ダイエットのために回転寿司で、ネタだけ食べてシャリを残す人が増えているようだ。現在、物議を醸している。

きっかけはTwitterに、お皿にシャリばかりが残った画像が投稿されたこと。これに対して「シャリを食べるかどうかはエビのしっぽを食べるか食べないかと同じで個人の自由」、「礼儀知らずにもほどがある」という賛否分かれたツイートがされた。

若者の間では寿司屋で「シャリ少なめ」と頼むことも普通になっている。

ただ、時間と労力を費やして寿司の勉強をしてきた職人はネタとシャリのバランスを考えて握っているため、「シャリ少なめ」と頼んで、職人に「変えることはできない」と怒られた人もいるようだ。

最終更新:9/23(金) 18:00

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。