ここから本文です

雇用主が使用人少女を虐待、ミャンマー「児童労働」の実態

AFPBB News 9月23日(金)9時5分配信

(c)AFPBB News

【9月23日 AFP】ミャンマーで2人の少女が雇用主に殴打され、ナイフで切りつけられるなどの暴行を受け、睡眠や食事を与えられなかった事件が発覚し、同国の大勢の児童労働従事者が直面しているむごい状況が浮き彫りになった。彼らは貧しい農村部から、同国の都市部で増加中の比較的豊かな中産階級家庭に使用人として働きに出ている大勢の子どもたちのごく一部にすぎない。映像は雇用主にアイロンを顔や脚に押し付けられ、やけどを負わされた少女ら。20日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9月23日(金)16時2分

AFPBB News