ここから本文です

インタビューの途中で激ギレしちゃったセレブたち

ELLE ONLINE 9/23(金) 7:30配信

スターは人気商売。カメラの前でキレてしまえば、相手にどんなに非があっても少なからず悪印象を残してしまいマイナス効果に……。しかし、そうとわかっていても我慢できないときがある。今週はセレブの激ギレエピソードをお届け!

カーラ・デルヴィーニュ

ヒロインを演じた『Paper Town(原題)』プレミア翌朝、カリフォルニアのローカル番組「Good Day Sacrament」に出演したカーラはまず、司会者のひとりが彼女を「カルラ」と呼んだことにムカッ。「原作読んだ?」とも聞かれ一気にご機嫌斜めになったカーラは「複数のプロジェクトをこなすとき、どうやって集中力を保つの?」という質問に、「そんな状況じゃないので、どうしてそういう質問をされるのかわからない」とつれない返事。その後は劇中で演じた少女マーゴに「共感できない。彼女の事は好きじゃない」と答えたり、「疲れてはいないけど、プレミアで感極まった」と正直すぎる返答を続けたカーラに司会者は困惑。「ニュース番組出演にイラついているの?」と尋ねた司会者に「あなたにイラついてるのよ」とシニカルに切り返し。イギリス式な皮肉はアメリカ人には通用しなかったかも。

テレサ・ジュディッチ

『リアル・ハウスワイブス・ニュージャージー』出演中に詐欺行為で夫婦ともに有罪となったジュディッチ夫妻。学齢の娘がいるために交代で服役することになり、先に出所した妻テレサは新シリーズのプロモーションで「アクセス・ハリウッド」に出演。みそぎが済んだとTV出演する図々しさにも驚いたけれど、イタリア人の夫が41ヶ月の服役後に国外追放になる可能性を質問され、顔を歪めて激怒したことに番組司会者もびっくり。テレサはライブ放送なんか知ったこっちゃないとばかりにマイクを投げ捨てると、一緒にインタビューを受けていた「リアル・ハウスワイブス・オレンジ・カウンティ」出演者メリッサ・ゴルガの前を横切って、スタジオから出て行った。ジャージー・ガールは肝が据わってるというか、怖いというか……。

1/2ページ

最終更新:9/23(金) 7:30

ELLE ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革