ここから本文です

西内まりや、お腹出し大人スタイル披露で“ハニーフラッシュ”!3千人を魅了

E-TALENTBANK 9月23日(金)11時20分配信

歌手、女優、モデルとして多方面で活躍中の西内まりやが、9月21日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で、同日発売の6枚目のシングル「BELIEVE」の発売記念イベントを実施した。

今作の表題曲「BELIEVE」は、自身初の主演映画となる「CUTIE HONEY -TEARS-」(10月1日全国公開)の主題歌となっており、西内が作詞を手がけた切なくも力強い歌声が冴え渡るミドルチューン。

上下白で統一されたセクシーかつスタイリッシュな衣装で、5枚目のシングル「HellO」の軽快な音楽に合わせ登場し集まった観客を盛り上げると、2曲目には「BELIEVE」のカップリング曲「Want Your Love」でセクシーなダンスも披露した。3曲目に新曲「BELIEVE」を披露すると、美しいメロディと西内の高い歌唱力から放たれる切なくも力強い歌声に観客は次々と足を止めた。

10月1日(土)全国公開の映画「CUTIE HONEY -TEARS-」の撮影について「映画はこれまでのキューティーハニーのイメージとは違い、スタイリッシュな世界観を描いていて、希望や勇気をもらえるような作品だと思います。昨年の12月24日は私の22歳の誕生日でしたが、映画の撮影中で、ワイヤーにつられて宙に浮いたまま誕生日を迎えました」と語った。

また、映画主題歌でもある新曲「BELIEVE」について「主人公の如月瞳(キューティーハニー)の気持ちを込めた楽曲でもあり、一歩踏み出せない方へ”自分の心を信じて”というメッセージを込めたバラード楽曲です。Dメロの地声で張り上げて歌うところは強い意志を表現する為に、歌えるようになるまで何度も何度も挑戦した特にこだわった所です。初めて主演を演じさせて頂いた映画の主題歌であり、作詞にも挑戦させて頂いた楽曲ということもあり、とても想い入れの強い作品なので、たくさんの方に聴いて頂けると嬉しいです」と楽曲に込めた想いを力強く語った。

4曲目には現在20万ダウンロードを超え、日本レコード大賞優秀作品賞を受賞し、現在ではウェディングソングとしても注目されている自身初の作詞作曲に挑戦した「ありがとうForever…」をピアノ弾き語りで披露した。


ミニライブはここで終了の予定が、観客からのアンコールの大合唱と「キューティーハニー」の歌唱を求められると、西内は「歌っちゃいますか!私も小さいころからカラオケに行くと盛り上げるための曲として良く歌っていた曲で、まさか自分がステージで歌うとは思ってもなかったので緊張してます(笑)」と語り、「キューティーハニー」のカバーを初披露し会場は大いに盛り上がった。


高い歌唱力に加え、ダンスあり、ピアノ弾き語りありと、歌手そしてシンガーソングライターとしての魅力満載のミニライブに、当日集まった3千人の観客は西内の無限大の可能性を感じた1日となっただろう。

最終更新:9月23日(金)11時20分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。