ここから本文です

マカオ警察、黒社会による越境犯罪を狙い撃ち=広東省及び香港当局と合同作戦実施

マカオ新聞 9月23日(金)12時16分配信

 マカオ警察総局は、今年(2016年)7月22日から9月21日にかけて「落雷作戦16」と銘打った一連の取り締まり活動を実施。9月22日午後に記者会見を開催し、同作戦の総括報告を行った。

 落雷作戦はマカオ、広東省、香港の警察当局が合同実施したもので、違法な銃器取引、高利貸し、賭博、債権者への取り立て、麻薬取引、売春、人身売買、マネーロンダリング、密航など、黒社会(いわゆるマフィア)によるクロスボーダー(越境)犯罪及び域外人員による黒社会的な性質を持つ組織犯罪を摘発し、組織の瓦解と資金源の断絶が目的。

 期間中のマカオにおける取り締まり実施回数は760回(延べ、以下同)、参加した警察官の数は7755人に及び、調査対象者数は1万9863人(男:1万4300人、女5563人)、拘束者数は2155人(男:1509人、女646人)、起訴人数は1085人(男:844人、女241人)、事件数は824件に上った。

 マカオ警察総局では、作戦は想定した効果を上げたとの見方を示した上、今後もマカオ、広東省、香港の近隣三地の警察当局間で良好な連携を維持し、治安情勢に応じて適宜合同取り締まりを実施していくとした。

 同日、香港警察が開催した総括報告会見によれば、同作戦の香港における逮捕者数は2120人、このうち375人が中国本土出身者だったとのこと。

最終更新:9月23日(金)12時25分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。