ここから本文です

スーパーJカップにも出場したEitaが“brother”YASSHI相手に王座防衛!

バトル・ニュース 9月23日(金)7時10分配信

 22日、大田区総合体育館で行われたDRAGON GATE『DANGEROUS GATE 2016』にて、オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合が開催された。

 7月の神戸ワールドで新王者となったEitaに“brother”YASSHIが挑戦。開始早々YASSHIが場外戦に引き込みVERSERKメンバーが試合に介入。だがリングに戻ればEitaがYASSHIの攻撃をカットし攻めていく。YASSHIはビッグヘッドを投下しジャーマンスープレックスホールドも、これを返したEitaをYASSHIがロープに振るとサイバーコングがレッドボックス攻撃から問題龍が塩攻撃。これで視界を失ったEitaのバックを取り投げようとしたYASSHIにEitaはNumero Uno。これでYASSHIはギブアップした。

 試合後エル・リンダマンがリングに乱入しEitaに挑戦表明。しかしこれをパンチ富永が「おいリンダマンこのシャバ僧がコラ!お前が色々勝手やってくれたせいでな、OVER GENERATION結成時から入場時につけていたマントもつけづらくなってきて、俺は今日出番すらねーんだぞコラ!それもこれも全てお前のせいだ!お前が何もかもわりーんだよ」と八つ当たり気味に割って入る。
 これにEitaは富永を無視し「オレが一対一でもいいよ、潰してやるからよ。おいリンダマン、覚悟しとけよ」と受けて立つ構えをみせ、ブレイブを巡る闘いは混沌とした状況となった。

 なおYASSHIはツインゲート、W-1タッグ、ブレイブと王座をめぐる闘いで連敗中だが「これがまた通過点になるやろカス野郎。大一番、収穫は逃したけど他の副産物はいっぱいあるようや。お前らはオレのこと全然わかってへんようやカス野郎。覚えとけや、このまま終わらへん気がするやろ?楽しみにしとけカス野郎」と不敵な予告を残し会場を後にした。

最終更新:9月23日(金)10時54分

バトル・ニュース