ここから本文です

「君の名は。」聖地・飛騨には映画館がない 上映会は「交渉難航中」

BuzzFeed Japan 9月23日(金)12時7分配信

公開から3週間が経ち、興行収入100億円超え目前の「君の名は。」。物語の舞台になっている飛騨地方の人々は、聖地巡礼で訪れるファンを歓迎しつつ、1つ大きな悩みを抱えている。【BuzzFeed Japan / 山崎春奈】

現実世界そのまま!『君の名は。』の聖地巡礼スポットをまとめてみた

それは……「飛騨には映画館がない!」

飛騨地方の中核となる飛騨市と高山市には2016年夏時点で映画館が1つもない。地域内最後の映画館だった「旭座」(高山市)は2014年に閉館した。

Twitterでは、地元の人が自分の住む地域が映画の舞台になっていることを喜びつつ「飛騨が舞台なのに映画館ないから見れん」「富山まで行かないと」などと嘆く声も見られる。

飛騨から最も近い映画館は、隣県・富山県の「TOHOシネマズファボーレ富山」で、車で1時間半ほどの距離だ。

ネット上では「飛騨で見たいなあ」「上映会があればいいのに」などの声も上がっている。

「話題なのは知ってるけど」

ネットユーザーだけでなく、飛騨市図書館も市民の声を代弁し、TwitterやFacebookで自虐ネタを投稿している。

“こんにちは。「君の名は。」ブームにあやかっている飛騨市図書館です。
悲しいときー(悲しいときー)「こんなにブームになっているのに、飛騨に映画館がなかったときー」”

司書の堀夏美さんはBuzzFeed Newsの取材にこう話す。

「そうなんですよ、近くに映画館がなくて……。なので地元の人は、話題になっているのは知ってるけど、まだ見てないという人も多いですね」

劇中では、同館をモデルとした図書館が登場しており、「君の名は。」を見たファンが早速“聖地巡礼”として訪れている。公開直後は1日数人程度だったが、9月の週末の撮影・見学者は1日200人以上にもなっている。

「県外からたくさんの人に来ていただいていますが、みなさんマナーを守ってくださってありがたいです。住民の方からの苦情も今のところありません」

「町がにぎわうのはうれしいこと、たくさんの人に来てほしい」

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)17時40分

BuzzFeed Japan

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。