ここから本文です

四国唯一の地図出版会社、(株)セイコー社が破産申請へ

東京商工リサーチ 9/23(金) 16:50配信

 (株)セイコー社(TSR企業コード:820077755、法人番号:3500001002306、松山市本町2-1-20、設立昭和38年8月、資本金4000万円、郷田ミチ子社長)は8月31日、事業を停止し、破産手続きを野垣康之弁護士(野垣法律事務所、同市一番町4-1-16、電話089-913-1266)に一任した。
 負債総額は約4億円。
 昭和35年5月に精工社として創業した四国唯一の地図出版会社。住宅地図「はい・まっぷ」を出版し、書籍販売会社、事業所を対象に販路を構築。また、顧客ニーズに対応した特注地図の出版も手掛け、主に官公庁などから受注を得て、平成8年7月期にはピークとなる売上高約6億6000万円を計上していた。
 しかし、その後は主力の住宅地図出版業界では全国最大手業者との競合が厳しく、安値販売もあって減収で推移。さらに近年は、インターネットでの無料の電子地図の浸透から商況は悪化し、連続して赤字を計上していた。
 この間、21年9月には約20名の従業員を削減しスリム化を図ったが、その後も業績低下に歯止めが掛からず、27年7月期の売上高は約7400万円にまで低下。28年8月20日には創業者で前社長の郷田巖氏が死去し、先行き見通し難から今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:9/23(金) 16:50

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。