ここから本文です

どんな学校生活?TPD派生ユニット「どるせん from TPD」福島満子と語る裏話/インタビュー

MusicVoice 9/23(金) 11:30配信

 東京パフォーマンスドール(通称・TPD)から派生した新ユニット、どるせん from TPDが9月21日に、デビューシングル「センセイのお気に入り」をリリースした。メンバーは、TPDから高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、脇あかりの4人と、俳優の森田甘路が演じるドラマ「でぶせん」主役の女性教師・福島満子。表題曲は、Huluオリジナルドラマ『でぶせん』の主題歌で、元ピチカート・ファイヴの小西康陽がプロデュースを手掛けた。今回は、この5人にインタビュー。ピチカート・ファイヴの大ファンを公言する満子(森田甘路)らが語る、小西節全開のキュートでポップソングに仕上がった同曲や、ドラマの舞台でもある学校生活の話などについて話を聞いた。

【写真】インタビューカット

違うグループに所属したらこんな感じなのかな?

――「どるせん from TPD」結成の話を聞いてどういう印象を受けましたか。

櫻井紗季 初めて話を聞いた時は、メンバーが誰になるかというのは言われていなくて、企画の内容だけでした。(TPD)9人の中から数名が参加するユニットというくらいだったんです。その中に「自分も」と聞いた時は素直に嬉しかったです。今までのTPDには無かった色のユニットなのですごく新鮮でした。

上西星来 ドラマの主題歌をやらせて頂く事は初めてだったので、それが出来ると聞いた時はすごく嬉しくて。ドラマ中やエンドロールで自分達の曲が流れるという事が実感として想像できていないくらいでした。

脇あかり 私達TPDの楽曲はアニメ(タイアップ)が多かったので、ドラマの主題歌は初めてでした。素直に嬉しかったです。それに森田甘路さんとも一緒にユニットが組めるという事でそれもすごく嬉しかったです。

高嶋菜七 小西康陽さんがプロデュースして下さったというのも凄くありがたい事です。あと、みっちゃん先生(主役・福島満子)と一緒に出来る事も。グループ以外の方とのコラボは初めてなんです。それに「違うグループに所属したらこんな感じなのかな?」という感覚も味わえてとても新鮮です。

――特殊なコラボレーションですよね。

福島満子 特殊中の特殊ですよね。小劇場の劇団員がこういうグループに入れると思っていなかったので、本当にビックリしましたね。今回、ダンスも含めて全部初めてです。皆さんとも10歳以上離れているし、話も合わないし…。

TPD そんな事ないですよ!(笑)

福島満子 若い女の子というだけでもう僕は緊張してしまって、どうコミュニケーションをどうとって良いのかわからないんです(笑)。

――今回のレコーディングはどうでしたか?

櫻井紗季 声色を変えて、ちょっと台詞のような「とぼけた感じ」とか「反抗期な感じ」とか、ニュアンスを変えながらお芝居チックなレコーディングをしたんです。とても新鮮で楽しかったです。

――歌詞を見てみると、可愛い感じの曲調ですが意外とブラックな部分もありますね。

福島満子 「ゆ・と・り!」とか歌ってますもんね。

――福島さん、ハモってますよね?

福島満子 後半ちょっとハモってますね。

上西星来 色んなバージョンがあるんですよね。

高嶋菜七 声が被さっているんです。アニメ声とかを色々被せているので、多分それがハーモニーとなって聴こえているのかなと思います。

――今回はどなたに振付をつけて頂いたのでしょうか?

脇あかり 林希先生に。TPDの振り付けもやって下さっている先生です。

――苦労した点はありましたか?

高嶋菜七 私達TPDの曲調はBPMが速いんですよ。でも今回は、いつもの曲よりもゆっくりだったので、逆に歌うのが難しかったです。

脇あかり あと、MVの撮影の時はヘッドセットだったんです。だから、歌や両手でアクションをするのがけっこう大変でした。

――福島さんはダンスで苦労した点は?

福島満子 ダンスも歌も、なにしろ全部が初めてだったので…。

――かなり練習されたんですか?

櫻井紗季 みっちゃん、キレキレですよ。

福島満子 しましたね。夜の公園で。

櫻井紗季 その辺はダンサーっぽいですよね。

福島満子 昼に練習するには照れ臭いなと思って、夜に練習していました。夜でも目立っていたんですけど(笑)。でも、センターをやらせて頂いたので、楽といえば楽でした。動かないので(笑)。4人のメンバーは縦横無尽に動くんですよ。それが「大変そうだな…」と真ん中で踊りながら思っていました。この4人が立ててくれている感じですね。

――MV撮影はどうでしたか?

上西星来 TPDのいつもの撮影とはまたガラッと違った雰囲気でした。ボールを投げ合ったり、わちゃわちゃしてカメラに向かってピースをしたりするというのが今までは無かったので、格好がいいTPDとはまた違う笑顔が多いMVが撮れたと思います。違う一面が見せられて嬉しかったです。

1/6ページ

最終更新:9/23(金) 11:30

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]