ここから本文です

バルセロナで絶対に代えがきかない男 ブスケッツ、2021年まで契約更新にサイン

theWORLD(ザ・ワールド) 9月23日(金)8時10分配信

さらに2023年まで延長する可能性も

バルセロナは、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツと新たに2021年までの締結したことを発表した。この契約は2023年まで延長できるオプションが付く。

現在28歳のブスケッツはバルセロナの下部組織出身。ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとで2008年9月に行われたラシン戦でトップチームデビューを果たす。トップチームでは現在までの390試合に出場し、この9年間の間にUEFAチャンピオンズリーグ3回、クラブワールドカップ3回、UEFAスーパーカップ3回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ5回と数々のタイトル獲得に貢献した。

バルセロナのピボーテとして絶対に代えのきかない存在となっているブスケッツは「バルセロナ以上の哲学を持ったクラブはない。私たちはチームとして勝ち続ける必要がある。バルセロナで引退することが夢だ」と語っている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月23日(金)8時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。