ここから本文です

【動画解説】台風17号発生 沖縄は高波警戒

ウェザーマップ 9月23日(金)12時6分配信

 台風17号が発生しました。今後は、西寄りへ進む見通しです。沖縄では、25日(日)には高波に警戒が必要な一方、本州では残暑が厳しくなるでしょう。

 23日(金)朝に、マリアナ諸島で台風17号が発生しました。今後、台風は発達しながら西寄りへ進む予想です。先島諸島を中心とした沖縄では、25日からは、台風からのうねりを伴った高波に警戒してください。秋の台風は、沖縄に近づいたあとは本州へ向かってカーブすることが多いものの、台風17号は、中国大陸へ向かう可能性が高くなっています。

 このように、台風が秋としては珍しいコースを取るのは、上空の高気圧が季節外れに強まるためです。そして、本州付近は一時的に暑さが戻り、夏のような体感になるでしょう。

 この先の予想最高気温は、平年より高い所がほとんどです。東京でも、来週にかけて、30℃近くまで上がる日があるでしょう。仙台でも25日は27℃予想で、残暑が厳しくなりそうです。湿度も高いため、熱中症にお気をつけください。(気象予報士・國本未華)

最終更新:9月23日(金)12時6分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。