ここから本文です

iPhoneのホームボタンに指を当てるだけでロック解除できる設定方法

ギズモード・ジャパン 9月23日(金)13時10分配信

あー、かなり楽になった!

iOS10のアップデートで1番変わったのは、ロック中の画面操作かもしれません。ロック画面で右にスワイプするとガジェットが登場し、左にスワイプするとカメラが出てきます。

今までのスワイプでの「ロック解除」は消えてなくなってしまい、ホームボタンを押さないと画面が開かなくなってしまいました。ちょっと慣れないなって人も多いかと思います。そんなみなさんのために、ホームボタンを押さなくても指を当てるだけでロック解除できる方法をお教えします。

まず「設定」から「一般」へ入り、「アクセシビリティ」へ行きます。下の方に「ホームボタン」がありますので、そこへ入り「指を当てて開く」をオンにしましょう。すると、ボタンを押さなくても指を当てるだけで開くように設定されます。

ホームボタンを押すなんてたった一瞬の作業なのに、そうしなければ開かないとなると急にストレスを感じたりして。これだけで随分楽になった気がします。iOS10のロック中の通知も色々変わりましたが、みなさん前より使いやすいでしょうか?

iPhone 6sかiPhone 7をお使いの場合は、iPhoneを持ち上げるだけでスリープが解除されて、通知が表示される機能「Raise to wake」があるので、何にも押さなくていいんですけどね。こちらは「設定」の「画面表示と明るさ」から「手前に傾けてスリープ解除」をオンにすることで設定できます。

最後に、ロック中の画面から直接メッセージの返信ができる機能もオフにすることが可能です。「設定」の「Touch IDとパスコード」を選択し、「メッセージで返信」をオフにするだけ。

でもスライドで「ロック解除」ファンだった人は残念ですが、これを戻す方法はなありません。完全になくなってしまいました。けっこう好きだったのになぁ...。また次のアップデートでスライドでロック解除が戻ってきたらお知らせします!

David Nield - Gizmodo Fieldguide[原文]

(リョウコ)

最終更新:9月23日(金)13時10分

ギズモード・ジャパン