ここから本文です

【速報】大坂なおみ ストレート勝ちで大会初の4強<女子テニス>

tennis365.net 9月23日(金)16時55分配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は23日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク66位で18歳の大坂なおみ(日本)が同107位のA・サスノビッチ(ベラルーシ)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下し、大会初のベスト4進出を果たした。

【東レPPO対戦表】

この試合の第1セット、大坂は第1ゲームでいきなりサスノビッチにブレークを許すも、第2ゲームでブレークバックに成功。その後、リードを広げた大坂は第7ゲームをラブゲームでサービスキープするとリズムを掴み始めた。

第2セットはミスを重ねてゲームカウント0-5とリードされたが、ここから5ゲームを連取する猛攻を見せた。タイブレークの終盤はサスノビッチのダブルフォルトにも助けられ、ストレート勝ちを手にした。

準決勝では、第1シードのG・ムグルサ(スペイン)とE・スイトリナ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

大坂は1回戦で土居美咲(日本)、2回戦で第6シードのD・チブルコワ(スロバキア)を破り、準々決勝へ駒を進めていた。

また、今年の四大大会は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の3大会で3回戦進出を果たした。

一方、予選勝者のサスノビッチは、2回戦で今年の全米オープンで準優勝を飾った第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)にストレートで勝利し、8強へ進出していた。

tennis365.net

最終更新:9月23日(金)16時57分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]