ここから本文です

【速報】大坂なおみ ストレート勝ちで大会初の4強<女子テニス>

tennis365.net 9/23(金) 16:55配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は23日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク66位で18歳の大坂なおみ(日本)が同107位のA・サスノビッチ(ベラルーシ)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下し、大会初のベスト4進出を果たした。

【東レPPO対戦表】

この試合の第1セット、大坂は第1ゲームでいきなりサスノビッチにブレークを許すも、第2ゲームでブレークバックに成功。その後、リードを広げた大坂は第7ゲームをラブゲームでサービスキープするとリズムを掴み始めた。

第2セットはミスを重ねてゲームカウント0-5とリードされたが、ここから5ゲームを連取する猛攻を見せた。タイブレークの終盤はサスノビッチのダブルフォルトにも助けられ、ストレート勝ちを手にした。

準決勝では、第1シードのG・ムグルサ(スペイン)とE・スイトリナ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

大坂は1回戦で土居美咲(日本)、2回戦で第6シードのD・チブルコワ(スロバキア)を破り、準々決勝へ駒を進めていた。

また、今年の四大大会は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の3大会で3回戦進出を果たした。

一方、予選勝者のサスノビッチは、2回戦で今年の全米オープンで準優勝を飾った第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)にストレートで勝利し、8強へ進出していた。

tennis365.net

最終更新:9/23(金) 16:57

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]