ここから本文です

高校生ら振り込め詐欺阻止、中学時代の学習生きる 東入間署が感謝状

埼玉新聞 9/23(金) 10:31配信

 振り込め詐欺の被害を防いだとして、埼玉県の東入間署(野口春樹署長)は富士見市職員とコンビニ店員、タクシー運転手ら5人に感謝状を贈呈した。

 感謝状を贈られたのは、三芳町の「ファミリーマートみよし台店」店長の桜井路也さん(45)とパート従業員の高校2年生大高誠也さん(17)、富士見市のタクシー運転手武藤康義さん(67)、富士見市まちづくり推進部の大塚貴弘さん(46)と木村純二さん(35)。

 同署などによると、8月18日にファミリーマートみよし台店で、来店した無職男性(74)の様子を不審に思った大高さんと桜井さんが110番するなどして詐欺被害を防いだ。大高さんは「中学生の時に学校で振り込め詐欺にギフトカードを使用するケースがあることを聞いていた」と話した。

 ほかの3人も、現金自動預払機(ATM)から現金を振り込もうとした高齢者に声掛けなどをして被害を防いだ。

最終更新:9/23(金) 10:31

埼玉新聞