ここから本文です

加藤未唯のダブルスは準々決勝で第2シードに敗退 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9月23日(金)11時40分配信

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)のダブルス準々決勝で、加藤未唯(佐川印刷)/シュー・イーファン(中国)は第2シードのサーニャ・ミルザ(インド)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)に2-6 2-6で敗れた。試合時間は48分。

準々決勝の大坂の相手は、プリスコバを倒したサスノビッチ [東レPPO]

 加藤とシューはシングルスには予選から出場していたが、加藤が予選決勝で第6シードのアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に1-6 4-6で、シューは1回戦で第3シードの日比野菜緒(LuLuLun)に3-6 4-6で敗れていた。1回戦ではルーシー・サファロバ(チェコ)が棄権したため繰り上がりで出場したリー・ヤーシュエン(台湾)/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)を6-4 6-0で破っていた。

 ミルザ/ストリコバは準決勝で、ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)と対戦する。ダブロウスキー/マルチネス サンチェスは準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)を7-6(5) 7-6(6)で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月23日(金)11時40分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。