ここから本文です

元1位ウォズニアキ ストレート勝ちで4年連続4強<女子テニス>

tennis365.net 9/23(金) 20:12配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は23日、シングルス準々決勝が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)が予選勝者のM・リネッタ(ポーランド)を6-4, 6-3のストレートで下し、4年連続のベスト4進出を果たした。

【大坂なおみら 東レPPO対戦表】

この試合、ウォズニアキはファーストサービスが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得。リネッタに3度のブレークを許すも、それを上回る5度のブレークに成功し、1時間22分で勝利した。

準決勝では、第2シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)と対戦する。昨年の同大会で2度目の優勝を果たしたラドワンスカは、同日の試合で今年のリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得したM・プイグ(プエルトリコ)を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

ウォズニアキは今大会、1回戦で昨年準優勝のB・ベンチッチ(スイス)、2回戦で第3シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)を下しての勝ち上がり。

過去の同大会では2010年に優勝を飾っており、昨年は準決勝でベンチッチに敗れた。

また、同日の準決勝では世界ランク66位で18歳の大坂なおみ(日本)が同107位のA・サスノビッチ(ベラルーシ)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下し、大会初のベスト4進出を果たした。

tennis365.net

最終更新:9/23(金) 20:12

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。